受験を振り返って

今日は、ノートスプレイズ女池校の今年度の受験を振り返っていきます。来年度の受験生、ぜひ参考にして下さい。

プレイズでは、受験生にプラスノートというノートを作成して使用していました。プラスノートとは、自分の学習の目標や計画を書き込んでもらい、毎週木曜日に他の生徒と見せ合うという授業を行うためのノートです。自分の目標を見せることや他の人が頑張っている様子を目の当たりにすることで、生徒自身で変わろうという行動を起こせたと思います。

私は校代表という立場から学習内容のサポートをしました。そのなかで、「〇〇をやりなさい」と強く押したりしたことはほとんどありません。しかし、プレイズの受験生は全員が「合格したい」という気持ちが伝染していって、本当にいい雰囲気で学習できました。

今年の受験生の成長していく姿を見ることができ、本当にうれしいです。生徒にも保護者様にも感謝申し上げます。

<女池校生徒の頑張り>
入塾当初はスマホの使用時間を少しでも短くする…と言っていたAさん。当時は受験勉強の仕方も目標もまだまだ甘いと感じていました。ところが、12月を過ぎ、受験に本当に集中し始めたと感じるようになってからこんなことを話してくれました。「なぜあんなにスマホをいじっていたのかわからない」この言葉を聞いたときに目標に向けて本気で取り組めていることの裏返しだと非常に感心しました。

またBさんは、入会してから一貫して、来れる時間はすべて来て勉強するを実行していました!最初は苦手教科の勉強を敬遠していた感じでしたが、ある日のカウンセリングをきっかけに苦手教科に心血を注いで勉強していました。その甲斐あって点数も上がり、自信をつけていました。自分が苦手な教科とどう向き合うかを真剣に考えたBさんはすばらしいです。

そしてCさん、私から聞いたアドバイスは即実行に移してくれた生徒です!ある日の終わりに毎日の勉強に、数学の基礎問題の練習を取り入れた方がいいとアドバイスすると、それを次の日の授業から毎日続けてやっていました。黙々と日々の授業を一生懸命取り組んでいる姿は本当に印象に残っています。

<来年度受験生へ>
まずは志望校についてじっくり考えてほしいと思います。すぐに結論を出すということではありません。志望校についてあらゆる角度(志望校の場所、レベル、学習内容、実績、部活動、両親の意向、将来の目標など)から考えてみてほしいと思います。人それぞれ受験のモチベーションは違いますが、志望校決めは人生最初の大きな進路選択=大きな経験になるので、これをまず真剣に取り組んでほしいのです。これをしっかりできている人が受験勉強をしっかりできる人だと毎年感じます。必要であればいつでも相談にのります!!

また、考えてはいるけど志望校を決めきれないという人。それなら、まず模擬テストでの目標点を設定してみてください。その点数を取るためにはどの教科を何点とればいいのか。次にいつまでに何をしたらその点数がとれるのか。まず何から取り掛かっていくのか。次々に→をひっぱり目標を細かくしていくのです。そこまで決められたらスタートしてみてください。最初は小さな目標でいいのです。むしろ小さな目標に区切って達成感を味わった方が次々に進めていけます。

繰り返しになりますが、必要であればいつでも相談にのります!!!あなたはいつでも成長するきっかけをつかむことが出来るはずです!!

投稿日: | Category:ブログ

アーカイブ

HOME > ブログ > 受験を振り返って